Posted 40 minutes ago
防衛省によると2時間で使った弾薬約44トンは約3・5億円相当。燃料費の約3000万円を合わせて約4億円近い血税を費やしました。

陸自が総合火力演習/富士すそ野に実弾 2時間で約4億円
湿気る前の在庫処分だし (via fialux)

1ヶ月くらいかけて準備するんだっけ?

海外の武官をご招待して見せるから外交である. 「侮られない」ことはものすごく大事. 100発100中みたいな練度をもつ軍隊にけんかをふっかける馬鹿はあまりいない. ヤンキーだってリンゴを片手で素手でつぶしたり分厚い週刊誌を引き裂ける奴にけんか売らないだろ?

(via bgnori)

Posted 41 minutes ago
若い友人が念願の学割Psを買って「Photoshopを使いこなすためにはどう勉強すればいいですか?」と聞いてきたので「クソコラを作れ。そして妙に凝ったクソコラを目指せ」と言ってみたら、ピンクの丸字で「今日は生でもいいよ……」と書かれた、背景がユッケの輝く牛画像という神コラ作ってた
Posted 41 minutes ago
世間が氷水かぶって浮かれてるさなか、日本の各種難病患者たちの手元には来年から医療費の負担額が上がる法改正のお知らせが届いておりますね。
Posted 48 minutes ago
システムの都合のために人間が難しいことを覚えなければならないという状況は天動説的並に間違っています
Posted 48 minutes ago
「女の子一人救えなくて何が科学だ!文明だ!」みたいな台詞はすごい説得力あるけど、「俺一人救えなくて何が科学だ!文明だ!」って言い出したらクズ感しかないから、何かを主張したければなるだけ小さな女の子をダシにしたほうが良い
Posted 12 hours ago
Posted 12 hours ago
Posted 12 hours ago
最近、いい質問をするための方法がわかった気がする。
といっても特別な方法があるわけではなく、態度の問題だと感じた。
プレゼンや講演を聞きながら、その内容を頭の中で現実に適用したり、
「すると、こういう場合はどうだろうか?」と応用したりしてみるのだ。
そうすると行き詰まる部分がある。
Posted 12 hours ago
Posted 12 hours ago

huckberryco:

A self-portrait of Brian Shul in full flight suit gear within the cockpit of the SR-71 Blackbird. Brian Shul (born 1948), is a Vietnam-era USAF fighter pilot and a retired major in the United States Air Force (USAF). 

He flew 212 combat missions and was shot down near the end of the war. He was so badly burned that he was given next to no chance to live. Surviving, he returned to full flight status, flying the SR-71 Blackbird. 

Major Brian Shul completed a 20 year career in the Air Force. He has written four books on aviation and runs a photo studio in Marysville, California.

Posted 12 hours ago

ポケコロというゲームだそうで、せっせとポイントを貯めれば無料でアイテムをもらえるけれど、お金を出して部屋をゴージャスに模様替えしている人もいるとのこと、一般的なタイプの課金型アプリと思われます。

参考:iTunes の App Store で配信中の iPhone、iPod touch、iPad 用 ポケコロ【無料】チャットもできる!かわいいアバター着せ替え&育成ゲーム~

ユーザ間のコミュニケーション機能を利用した10代の出会い厨が多いそうですが、中には1人だけの自宅で脱水状態になっている子、お腹を壊して途方に暮れている子、親から虐待を受けていることを涙ながらに語る子などをまま見受けるそうです。

自身もシングルマザーである彼女は、そんな子どもたちのSOSにアドバイスをするのが最近の生きがいになっているようで、毎晩のように複数の子供らを助けているとのこと。

Posted 12 hours ago
Posted 12 hours ago

中国人民解放軍が軍事力を直接行使する戦争以外にも国際的政治工作活動である「三戦」を実施していることは、日本でも認識されている。

 三戦とは、国際世論を中国にとって好ましい方向へ導く「輿論(よろん)戦」、敵側軍人の士気や国民の結束を低下させる「心理戦」、それに国際法秩序を活用して中国に有利な国際環境をつくり出す「法律戦」の3つのカテゴリーの政治工作を意味している。

 中国はハードパワーの戦争に備えるための急激な軍備拡張と並行して、ソフトパワーの戦争であるこれらの三戦をも着実に実施しており、とりわけ中国にとっては“目の上のたんこぶ”である日本と日米同盟に対する輿論戦や心理戦には着実な成果を上げている。その成果の1つが、昨今日本に氾濫している「戦争をする国」という表現と考えられる。

Posted 12 hours ago
親と仲が悪いわけでもなかったんだけど、
一人暮らししてから実家にはほとんど寄りつかず
電話もめんどくさいからあんまり出なかった。
でも母ちゃんはしょっちゅうメールばかりくれた。
めんどくさいから返信しなかったけど
些細な日常の話や俺の健康の気遣いなど
しょっちゅうメールくれてた。
そんな母ちゃんが手術したと妹から聞いた。
そんなことひと言もメールに書いてなかったから驚いた。
急に今までロクに返事もしてこなかったことが後ろめたく感じて
数年ぶりに実家に帰ってみた。
嬉しそうに俺を出迎えた母ちゃん。
ぱっちりとした二重になっていた。
Posted 12 hours ago
「希望ケ丘」だとか「夢の台」なんて地名には要注意。昔の人が残してくれた「ここは危険」という意味の地名を書き換えた可能性が高いから。出水とか落石とか陰田とか、古い地名、不吉な地名には意味がある。